4K/8K&3Dなど高精細映像コンテンツビジネスを推進します!

活動報告 2011年度

第3回 3D勉強会報告

CIMG1936.JPG
東海大学 情報通信学部 3DVR教室

2011年10月11日(火)に「第3回 3D勉強会」を東海大学高輪校舎のVR実習室を会場に開催しました。

CIMG1951.JPG東海大学 情報通信学部 濱本教東海大学 情報通信学部 濱本教授のセミナー
1部は、同大学 情報通信学部情報メディア学科の濱本先生から、昨年、新設された大型の没入型バーチャル環境を活用した立体コンテンツの作り方やその投影環境が与える視認感覚の違いの検証等を取り入れた教育と研究の事例をお話いただき、最後に、横長三面構成の大画面没入型3D対応バーチャル・リアリティ環境に入る体験し、各種分野への応用が期待できると実感できました。
CIMG1962.JPG3面3DVRの体験


CIMG1954.JPGデジタルキャンプ 渡部様のセミナー
2部では、日本におけるCG制作の草分け的存在であるデジタルキャンプ㈱の渡部氏より3Dコンテンツの歴史的流れを実際の貴重なコンテンツとともにご紹介いただき、米国のアミューズメント分野における大迫力の3DCG映像が360度展開する映像を拝見し、既にCGや3D(立体視)、VR(仮想現実)などの融合した臨場感のあるコンテンツ時代に入っていることがわかり、大変参考になりました。


開催にあたり、会場をご提供いただきました、東海大学様に感謝申し上げます。
(記)事務局

第2回3D勉強会報告

110729_1.JPG石川カメラマンからの水中3D撮影の説明

2011年7月29日(金)に「第2回3D勉強会」を開催しました。



110729_2.JPGToo櫻井氏の3D編集ワークフロー説明
今回は、3D撮影と編集のワークフローをテーマに実施しました。
特に、水中カメラマン石川肇氏のテレビ番組での初めての3D水中撮影の体験談と事前の機材などの準備の様子など非常に興味のあるお話が聞けました。
Tooの櫻井氏より、最新の3D編集ワークフローを実際のデモを拝見しながら、大変わかりやすく解説がされ、今後の皆様のビジネスへの参考になったと思います。


CIMG1892.JPG勉強会の参加者
勉強会では、石川カメラマンの水中3D撮影のメイキングや撮影された3D映像もご覧いただきました。 
開催にあたり、会場や機材、コンテンツをご提供いただきました、キヤノンマーケティング殿、ビジュアルコミュニケーションズ殿、BS11殿に感謝申し上げます。
(記)事務局

第1回交流会&懇親会

「第1回交流会&懇親会」を4月25日(月)に開催いたしました。

DSCF1868_l.JPG
幹事メンバーと新規入会の会員を含め20名の参加のもと「第1回交流会&懇親会」を4月25日(月)に開催いたしました。
(場所:キヤノンマーケティングジャパン品川オフィス)
1)全米放送機器展「NAB2011」の視察報告を代表幹事の大久保氏より実施した。
2)新規の会員メンバーと参加者の自己紹介
3)研究会発足記念セミナー(3月4日)の実施報告
4)本年度の研究会の活動について
5)その他 質疑や情報交換
6)有志による懇親会


DSCF1891_l.JPG懇親会参加者の集合写真 懇親会参加者の集合写真

「3DBiz研究会発足記念セミナー」開催される!

IMG_0302.JPG

2011年3月4日(金)に「3DBiz研究会発足記念セミナー」開催されました。



IMG_0275.JPGIMAGICA灰原氏のセミナー
2011年3月4日(金)に、3DBiz研究会の発足を記念してのセミナーが東京・秋葉原の富士ソフト本社ビルにあるアキバプラザ内のアキバホールで開催された。 参加者は、首都圏のみならず、東北、中部、関西などから約90名お集まりいただいた。

セミナーの前半では、3D映像ビジネスの最先端におられる株式会社IMAGICAの灰原氏と株式会社ビデオテックの森氏から、自社の3Dビジネスへの取り組みとともに3D映像制作の機器や技術ノウハウなどについて話しがあった。 同時に、実際制作された3D映像が数多く350インチの大型スクリーンに映し出され、大変好評であった。

セミナー後半は、パネルディスカッションとして、株式会社ビジュアルコミュニケーションズの小山氏を司会に、先のお二人に加え、日本BS放送株式会社の中根氏、キヤノンマーケティングジャパン株式会社の中野氏、関東学院大学の海老根氏を加えた6名が参加。 冒頭、各社及び大学生が制作した3D映像がまとめて上映され、その後、3D映像制作環境の構築上の課題である技術革新、コスト、人材などについて、それぞれの立場から意見が交わされた。

最後に、3DBiz研究会の大久保代表幹事より研究会の発足と活動についての報告があった。 まら、韓国における3Dコンテンツ制作支援策についての情報提供などもあり、参加者の興味を誘っていた。 (文責 事務局)


IMG_0283.JPGビデオテック森氏のセミナーIMG_0285.JPG350インチでの3D映像上映
DSCF1454_l.JPGパネルディスカッション